「ひどい時には、自殺に動いてしまうことがあるのです。」

「ひどい時には、自殺に動いてしまうことがあるのです。」

今年度も、母校から 高校一年生に向けての『進路講話』のご依頼をいただきました。これで3年目になります。

進路と言うよりも、生き方にフォーカスしたお話をしています。

冒頭は、生徒さんから感想をいただいた中の一文です。時々 読み返しては、力をいただいています。

以下、全文です。
……………………………

高校に入ったばかりなのに、もう大学とか未来のことを決めないといけないの?私はずっと不安でした。

特にやりたいことっていうのもないし、実際 自分でよく分からないから、どんな仕事が合うとか、できるとかも分かりませんでした。

でも、今回の講話を聞いて、自分って本当は すごい可能性があるんだ。今まで短所だと思っていたところも、考え方を変えてみれば、実は長所だったりすることが分かりました。

最近の私たちの世代は、自分を肯定的に認められる人が少なく、ついついネガティブな方向に思考が回ってしまい、自分を追いつめ、夢を叶えることができなくなってしまったり、ひどい時には自殺に動いてしまうことがあるのです。

そんな私たちの問題を解決するにも、また 自分の夢や楽しみを壊さないためにも、自分に自信を持って、正しい誤いに囚われず、ありのままを出すことが本当に大事なことだと知りました。とても感動しました。またお話しをお聞きしたいです。ありがとうございました。
……………………

何度読んでも、胸がキュッと締めつけられます。未来を背負う若い人たちが、自信を持って夢に向かって進んでいけますように。今からなにをお話ししようか、想いを巡らせています。

関連記事

  1. 親の会社を継ぐ技術

  2. 良くなろうとしないこと

  3. 【ご報告】国際ライセンス取得いたしました。

  4. 遅刻やリスケ、許せますか?

  5. マーケティングが秀逸

  6. 講師は凄腕の営業マンだった!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)