やり方は想定外のところから


セッションで、「どう感じていますか?」と質問すると、自分を説得するように話す方がいる。

「〇〇と思うようにしています」
「〇〇だから仕方ないですよね」

違うよ!違うよ!違うよー!

できる・できない は、ちょっと脇に置いておいて、本当はどうしたいか?自分の本音はどうなのか?これが本当の答であって、自分が本当に望んでいることなはず。

自分の中に「〇〇したい!」が芽生えても、すぐに やり方やプロセスを考えて、勝手に無理だと決めつけて、その芽を摘んでしまう。

やり方は、後から いくらでも降ってくる。自分の頭で考えつかなくても、誰かからのアドバイスやサポート、流れやタイミング、想定外のところからやって来る。

まずは自分が「〇〇したい!」に覚悟を決めよう。

勝手にその芽を摘まないで。本当に自分が望んでいることを選択せず、芽を摘み続けているから、自分の力がどんどん弱まっているということに気づこう。

本当はどうしたい?

お金や時間の制限もなく、誰にも反対されず、できる・できない に関わらず、自由に選んでいいと言われたら、あなたはなにを選択しますか?

それを選択したら、どんどんエネルギーが湧いてくるはず。

関連記事

  1. できない理由を語る時

  2. 批判されたとか 嫉妬されたとか

  3. 「人に言われると やりたくなくなる」

  4. 焦る。嫉妬する。落ち込む。

  5. 〆日が近づくと、焦ってイライラする

  6. 本当の思いと違う感じで生きてきた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)