バランスをとる

社長がポジティブ過ぎると、右腕となる人がネガティブになります。

そこに向き合わずにいると、パートナーがネガティブになります。そこにも向き合わないと、子供に出ます。

組織もいろんなタイプの人がいて、バランスをとっています。

肉体労働の人は体を休め、頭脳労働の人はスポーツなど体を動かすことでリフレッシュできます。

自分の中のバランスが崩れると、問題が起きたり、病気になったりします。

人はいつも外側ばかりに意識が向いているので、自分の内側に意識を向ける時間をとることでバランスを保てます。

やじろべえ のように、軸は持ちつつも、常に柔軟にバランスをとり続けていくのが、生きていく上で大切なことです。

関連記事

  1. 40代は野心の方向性を変える時

  2. ある経営者さんから嫌味を言われました。

  3. 古参社員に辟易

  4. 自分の取扱い説明書

  5. 覚醒(悟り)の感覚を知る

  6. ワーカホリック気味!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)