運命学から視る日本の流れ

算命学では、日本の流れもわかります。その時代にどういうものが流行るのか、どういう価値観が注目を集めるのかがわかるのです。

当然、その流れに合わせてビジネス展開をしていくことが大切になってきます。クライアントにも、この流れを意識しながら動いていただいています。

いくつかのキーワードがありますが、今日はひとつだけ共有しますね。

それは『つながり』です。

算命学の流れを知らなくても、察しのいい経営者は、すでに取り入れておられますよね。

コミュニティ、コラボ、サブスクなど、まだまだ『つながり』のビジネスが流行っていきます。

したがって、ワンマン社長は厳しくなってくるでしょう。

『つながり』のビジネスを意識するにあたって、大切なことがあります。

それは、イエスマンばかり、気の合う人ばかりで固めないことです。

本当の『つながり』とは、お互いの価値観を共有していくところにあります。ですから、違う価値観の人を排除したり、分離・分断するような考え方だと、一時的にはうまくいっても、長続きはしないでしょう。

これは、在り方(Being)が大きく影響してきます。

自分の中の、評価・判断・ジャッジを薄めていくことが大切です。そのためには自分の心の傷、自分がどんなことに強く反応しているかを注意深く観ていく必要があります。

そして、自分のその選択は、『つながり』を育むのか、分離・分断を生むのかを意識して決断をしていくとよいでしょう。

関連記事

  1. 講師は凄腕の営業マンだった!

  2. なぜかいつもギリギリになってしまう

  3. 焦る。嫉妬する。落ち込む。

  4. やり方は想定外のところから

  5. お金を支払うということ

  6. 差別化の罠

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)