「できない」「おかしい」「人と違う」

「できない」「おかしい」「人と違う」

怒られた。罵られた。恥かいた。

傷ついた。傷つけちゃった。悲しかった。

「できない」「おかしい」「人と違う」

周りの人たちにバレないように、隠して、抑えて、気をつけて…

直そうと、克服しようと、頑張って。努力して。

「できる私」「変わってない私」「みんなと一緒の私」を演じてきた。努力の甲斐あって、そこそこうまくできた。

でもふとした拍子に「本当の私」がバレた。本当は「できない」「おかしい」「人と違う」ことを知られてしまった。

すると相手が接し方を変えてきた。優しくしてきた。

私は腹が立った。ふざけやがって。バカにしやがって。私のこと「できない」と思って見下しやがって。

「私なんて」と拗ねて、卑屈になって、その優しさを蹴っ飛ばした。すると、優しくしてくれた人も離れて行った。

傷ついた。悲しかった。あぁ、やっぱり私は「できない」「おかしい」「人と違う」んだと思った。

頑張っても、努力しても、違う相手と また同じような出来事を繰り返した。

この無限ループの中で、ふと気づいた。

「できない」「おかしい」「人と違う」…そう、これは『違い(個性・才能)』であって、劣っているわけじゃないんだ!

劣っていると解釈したのは『私』だったんだ!

『私』の 「できない」「おかしい」「人と違う」を認められた時に、人は素直になれる。『違い(個性・才能)』を認められた時に、人からの優しさを心から「ありがとう」と受け取れる。もう誰かを羨む必要がなくなる。

誰かの『違い(個性・才能)』も認められる。優しくできる。理解し合える。赦し合える。

「できない」「おかしい」「人と違う」

『違い』は個性であって、才能であって、優劣じゃないんだ。

『私』の『違い』が活かせる場所が必ずある。『私』が認めていない、気づいていないだけで、すでにココがそういう場所かもよ。

なぜならば、『私』という存在が必要だからココに置かれたんだもの。

………という夢で、涙を流しながら目を覚ました今朝です。これは、過去の『私』だと思っている 今の『私』。

まだ時々 こんな夢に巻き込まれそうになるけど、これは夢だって もう気づいてるから、ちゃんとココに戻って来れます。

『私が』という夢から抜けて、素直に生きたら、ラクになれるよってお話でした。

関連記事

  1. 怒りを感じた時

  2. 親の会社を継ぐ技術

  3. 『子育てをしながら、自分を癒す方法』

  4. 〆日が近づくと、焦ってイライラする

  5. 行動できない時

  6. 天中殺だから欲出しちゃダメだよ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)