寅卯天中殺が明けました!

ついに寅卯天中殺が明けました。寅卯天中殺は年と月の天中殺が続いていますので、2年2ヶ月、本当におつかれさまでした。

我欲を抑え、ひたすら耐え忍ぶ時間は、精神的にも肉体的にもしんどいし、長く感じますよね。

クライアントにおいても、人間関係のトラブル、事故、病気、離婚など、人生において様々な苦しい体験がありました。

これを ただただ、大変だった!苦しかった!で終わらせるのはもったいないです。

天中殺は悪い事が起きる恐ろしい期間ではありません。自分が今までやってきたことが返ってくる期間です。つまり、自身の偏りが強制的に修正されるのです。

人に頼ることができなかった人は、病気や怪我で、否応なしに人に頼らざるを得ない状況になる。

自分が我慢すれば丸く収まると 我慢し続けてきた人は、思わず爆発してしまう。

仕事 仕事で、家庭をないがしろにしてきた人は、子どもに問題が起きて向き合わされる。

相手の気持ちを考えられず、自分勝手に傲慢に行動してきた人は、人の痛みを知る出来事が起きる。

今まで「こうあるべきだ」「これが正しい」と信じてやってきたことが覆されるので、最中はしんどいです。でも、長い目で見たら、苦しかったけど あの経験があってよかったと思える日が来ます。

ただただ、大変だった!苦しかった!と不平不満で終わらせるのか。天中殺での学びに気づき、これからの生き方を修正していくのか。ここが人生の分かれ道です。

苦しい時は学ぶ時。是非この経験を学びにして、これからの糧にしていってくださいね。天中殺、本当におつかれさまでした。

関連記事

  1. お金を支払うということ

  2. 『100兆円お茶会』を開催しました。

  3. 好きなことや得意なことを仕事に。

  4. 自分の取扱い説明書

  5. 自分の特性を生きる

  6. まさかの会長(父)の件。なぜか悔しい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)