『陰』の自分を解放する時間


ある経営者さん、私の一言で 堰を切ったように泣き出してしまいました。

しあわせ社長 若林由香です。

後継者で会社も大きく業績も順調、従業員もたくさんいらっしゃる。お金もたくさんある。人脈もある。どこに行ってもチヤホヤされる。頭もいい。

もちろん たくさんの努力を積み重ねてこられたから 今のご自分があるのですけど、、、

人から見たら とても恵まれた環境に生まれ育ち、すべてを持っているような人です。

私が言った一言は、ただのフィードバックです。

彼の話を聴き、表情や仕草を見ていて、ただ感じたままを言っただけです。

「あなたって、自分のこと〇〇〇〇〇〇って思ってるように見える。」

彼がずっと、心の奥底にしまっていたものが開いたのでしょう。嗚咽しながら涙を流しておられました。

強く陽が当たれば当たるほど、陰は色濃く深くなると言います。

誰にも話せない、誰にも見せられない、長い間 目を背けてきた『陰』の自分、解放できる場所があるだけで 心がスッとラクになります。

もしかしたら、ご自分が『陰』だと捉えていた部分は、『陰』ではないかもしれません。

しまっておいても、問題は先送りされるだけで、なにも変わりませんからね。

◆豊かさが広がる体験 『100兆円お茶会』東京 

2018年9月17日(月・祝) 11:20~

【満席・キャンセル待ち受付中】毎回 違う気づきがあるそうです。リピーターさんもどうぞ♪
詳細・お申込みはこちらから

関連記事

  1. 一年前とは別の人

  2. 「こうなりたい」の落とし穴

  3. 女性性のはき違え

  4. 批判されたとか 嫉妬されたとか

  5. もう疲れちゃった

  6. 夫と経営の方向性が合わない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)