覚醒(悟り)の感覚を知る

今、YouTubeで対談している田村薫さんと一緒に、覚醒(悟り)のセミナーを10回コースで開催していて、昨夜が4回目でした。

昨夜、ついに参加者のお一人が、その感覚を体感することでき、なんだか感動して、講師なのに泣きそうになってしまいました。

覚醒、悟り、目覚め、など、いろいろな言われ方がありますが、私がお伝えしているのは、ふわふわしたスピリチュアルではなく、心理学の延長、意識の拡大です。

不安、恐れ、苦しみ、執着が、自分の思考が創り出した幻想に過ぎなかったと気づく感覚です。これは、言葉で説明しても「頭では理解できるんだけど」と言った感じで、セミナーでそれを感じられるようにサポートしていき、知識を胆識に落とし込む、まさに『腑に落ちる』状態まで持っていくことが狙いです。

頭では理解していて、いくら「利他の精神で」とか「ギブしよう」と思って実践していても、不安、恐れ、苦しみ、執着が払拭できていないと、見返りを期待する気持ちは消えてなくなりません。

人間は、恐れや不安が強くなればなるほど、強欲になり、自己中心的になり、負のループに入っていきます。いかに自分の心がいい状態で在るかがポイントで、そこから意思決定や行動を起こすことで、おのずと良い成果がついてくることになります。

この執着がない状態が、本当の心の自由であり、意思決定の多いリーダーは、身に着けておいて欲しい資質です。

覚醒(悟り)の感覚を知って、現実をどのようにドライブしていくのか。現実逃避でも神頼みでもなく、自分の意志決断に自信を持ちつつ、流れに乗っていく方法をお伝えしています。

次回は内容を更にブラッシュアップした上で、7月21日から募集開始する予定です。お楽しみに!

個別にガッツリご自分のペースをご希望でしたら、個人セッションをおすすめします。30分のオンライン無料面談承りますので、お問い合わせください。

関連記事

  1. 算命学は怖い!?

  2. やり方は想定外のところから

  3. 自分の取扱い説明書

  4. お金を支払うということ

  5. 「わかったつもり」は葬り去ろう

  6. 『子育てをしながら、自分を癒す方法』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)