可能性は無限大

母校で進路講話の講師として登壇してきました。今年で3年目になります。

高校生の時から知っておきたかった、自分をまるっと全肯定する考え方や、自分の選択に自信を持てる考え方をメインにお話ししました。

自分の短所・長所はトランプの裏表のようなもので、まるっと個性であり、才能であること。

まちがいも正しさも、良いも悪いも、思い込みからくるジャッジであって、すべての人が正しくもあり、同時に間違いでもあること。

狭い世界の評価・判断に囚われず、自分が一番 輝ける場所に向かって進んでいけばいいこと。

親も先生も、自分の生きてきた経験からしか語れないから、参考にとどめて、自分の選択が自分にとっての正解であること。

高校生、可能性は無限大!!世界はとっても広いから、おもいっきり羽ばたいていって欲しいと思います。

最後に、紹介した詩を載せておきます。

『光りの詩』

私たちが最も恐れているのは、
自分が周りから浮いて、孤独になることではない

私たちが本当に恐れているのは
自分が想像を絶するほどにパワフルな存在だということだ

私たちを恐れさせるのは、闇ではない
自分自身の光だ

私たちは自分にこんなふうに問いかける
「光輝き、魅力的で、才能に溢れ、素晴らしい自分って 一体どんな人だろう?」
でも、実はもうすでに、あなたはそういう存在なのだ

あなたは天の子だ

あなたが小さくまとまって生きることは、
まったく世の中のためにならない

周囲の人の居心地が悪くならないように

自分を縮こめて生きる人生には

真に望む変化はおこるはずもない

私たちは、内なる輝きを実現するために生まれてきた

私たちが自分の光を放つことで、
人も同じように輝く許可を与えることになる

私たちが自分自身への恐れから解放されるとき

その存在自体がおのずから周りの人を解放することになる

Marianne Williamson

関連記事

  1. Clubhouse はじめました!

  2. 親の会社を継ぐ技術

  3. 良くなろうとしないこと

  4. マーケティングが秀逸

  5. 【ご報告】国際ライセンス取得いたしました。

  6. やりたいこと全部やる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)