追い求める生き方をやめて、感じている変化

一年半ほど前、一瞥体験が訪れてから、これまでのように目標や願望に向かって頑張る生き方をやめました。と言っても、無気力に消極的に生きているわけではなく、自分の小さい頭で考えたアレコレに拘るのをやめたのです。

目標や願望は、自分の小さい頭で考えた「私はこうなったら もっと幸せになれるだろう」「私はこれを手に入れたら もっと幸せになれるだろう」という妄想です。実際のところ、それを手に入れたら幸せになれるかもしれないし、なれないかもしれない。でも、自分はそれを手に入れたら幸せになれると信じ込んで、それに向かってひたすら努力し、頑張るわけです。『今』を犠牲にしながらも。

頑張って、精力的に動いて、ブログも毎月20本書いて笑、描いた願望はほぼ叶えてきました。全部思い通りになる!と浮かれて勘違いしていました。でも、そこで手に入れたのは、本当の幸せではなく、一時的な達成感と優越感と、もっともっとの底なし沼でした。

もっと大きな仕事を取らなくちゃ。もっと稼がなくちゃ。もっと有名にならなくちゃ。

やってもやっても、手に入れても手に入れても、もっともっと、まだ足りない。

あのまま突っ走らなくて本当によかったと心の底から思っています。

そんな時に、俗に言う中年の危機が訪れ、その苦しみをなんとかしようともがいていた先に、一瞥体験が訪れたのです。

そこから簡単に追い求める生き方をやめられたわけではありませんが、その先に幸せはないと気づいてしまったので、もうそこに向かって頑張るエネルギーが湧いてこないのです。でもそれをやめるのは怖い!!本当に大丈夫だろうか?目標や願望に向かって頑張るのは古い考えってもう気づいているから、もうそこには戻れない。たくさんの葛藤、恐怖、不安がありました。

模索しながらも、流れと共に生きるようにシフトしていきました。本を読んだり、セッションを受けたりしながらも、最近はなんだかうまいこと乗れてる感じがするのです。予期しない、ささやかな喜び、幸せが、たくさん訪れてくるのです。それも、なんの頑張りもなく。

ここ数日間でも振り返ると、、、

・スーパーの焼き芋が売り切れていて、店員さんに尋ねたら、「あと10分できあがります」とのこと。どれがいいか選ばせてもらえて、いつもの2倍はある大きい焼きたての焼き芋を買うことができた。

・いつものタクシー会社に電話しても出ず、他のタクシー会社に電話したところ、「時間の確約ができないから」と他のタクシー会社を紹介され、結果的に自分の希望通りの時間にお迎えに来てもらえた。

・携帯用の爪楊枝を買おうと思っていたところ、訪れたお料理屋さんで、魚の骨を加工したオシャレな爪楊枝をたくさん!いただいた。

・SNSでイヤな絡み方をしてくる方2名、手放したら、2名同時に絡み方が変わった。

・夫の会社から家族娯楽用に〇万円支給。これで結婚記念日旅行しよう♪

大きな目標に向かって邁進されている方には、ささやか過ぎてガッカリされるかもしれませんが、この生き方、本当にラクで面白くてニヤニヤしちゃうのです。

追い求める生き方を否定したいわけではありません。それはそれで必要なプロセスです。私のクライアントにも、そのフェーズの方には、そのように関わってサポートしていきます。でも、もうなんか違うかも。ちょっと疲れてきちゃった。そんな方は、そろそろ流れと共に生きる方向へとシフトする時期が来たのかもしれません。

流れと共に生きるって、サムシング・グレードと共に仕事をしていくって意味でもあるんですよ。

写真は爪楊枝をいただいたお料理屋さんの、天然うなぎの蒲焼です。最高に美味しかったです♪

関連記事

  1. 良くなろうとしないこと

  2. マーケティングが秀逸

  3. 感情の中毒

  4. 焦る。嫉妬する。落ち込む。

  5. 運命学から視る日本の流れ

  6. 好機日に開催することに意義がある

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)