自分をなにかで埋めている時

自分をなにかで埋めている時、なにかでいっぱいにしている時、その陰には触れたくない痛みがあります。

その痛みを感じないように、その痛みを見なくてもいいように、なにかでいっぱいにして誤魔化すのです。もちろん、無意識にですが。

・ぐるぐる思考でいっぱい
・仕事でいっぱい
・予定でいっぱい
・セミナー、学びでいっぱい
・ブランド品でいっぱい
・飲み会でいっぱい
・食べ物でいっぱい

好きでやってる。楽しい。

一時的には満たされたような、喜びのようなものを得た感じがするけど、しばらくすると「もっともっと」「早く次へ」の底無し沼で 本当の意味では満たされません。

痛み、、、それは心の傷です。コンプレックス、不足感、自信のなさ、弱い自分、できない自分、嫉妬、不安、寂しい、もっと愛されたい。

そんな痛みを、見ないように、感じないように、触れないように、なにかで埋めているのです。

痛みと快楽がシーソーする時は、要注意です。

これは良い悪いという話ではなく、人生において非合理的なのです。

幸せになるために、豊かになるために頑張っているのに、努力しているのに、やってもやっても満たされない。それどころか、やればやるほど 痛みが強くなっていきます。

やってもやっても、頑張っても頑張っても、努力しても努力しても、良い方向に進んでいないのだったら、それは方向が違うのです。

好きだから、楽しいからは、偽物かもしれませんよ。

今、自分は幸せだ!と心から思えていないのなら、幸せな未来はやって来ません。未来は『今』のコピーですから。

改善する方法は、自分の痛みと向き合うことです。痛みを直視し、感じることを赦し、自分の本当の気持ちを、ネガティブもポジティブも ありのままを認めて受け止めていくことです。

痛みが癒されれば、「もっともっと」は自然に治まり、ゆとりや安心感で満たされます。

これ、一人ではなかなかできないので、クライアントの痛みが見え隠れした時にサポートしていきます。

ワーカホリックから抜け出して、余裕ができた。

予定が空いていると不安だったが、安心して休めるようになった。

セミナージプシーをやめて、必要な時に必要な学びができるようになった。

過食嘔吐をやめて、自分の好きなことに時間やお金を使えるようになった。

洋服やブランド物を買いまくっていたけど、断捨離できた。

部屋を片付けられるようになった。

そんなお声をいただいております。

本当の幸せ、本当の喜び、本当の豊かさは、痛みとシーソーしません。「もっともっと」のループに入りません。

もしかして?と思ったら、振り返ってみてくださいね。

なにに一番、時間やお金を使い続けているか?を振り返ると、見つかりやすいかもしれません。

関連記事

  1. 感情の中毒

  2. 【募集開始】リーダー・対人支援者、必見です!

  3. 運命学から視る日本の流れ

  4. まさかの会長(父)の件。なぜか悔しい。

  5. お金を支払うということ

  6. 天中殺だから欲出しちゃダメだよ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)