内なる輝きを実現しよう

先日 母校の一年生に向けて、『進路ガイダンス』の授業をさせていただきました。

今年で4年目になります。

私自身も年々 変容しているので、お伝えする内容は少しずつ変わってきていますが、必ずお伝えしていることがあります。

それは、自分の短所だと思って否定しているところは、長所でもあり、唯一無二の個性であり、大切な才能なんだよということです。

そしていつも最後に詩の朗読をしています。

『光りの詩』

私たちが最も恐れているのは、
自分が周りから浮いて、孤独になることではない

私たちが本当に恐れているのは
自分が想像を絶するとほどにパワフルな存在だということだ

私たちを恐れされるのは、闇ではない
自分自身の光だ

私たちは自分にこんなふうに問いかける
「光輝き、魅力的で、才能に溢れ、素晴らしい自分って 一体どんな人だろう?」
でも、実はもうすでに、あなたはそういう存在なのだ

あなたは天の子だ

あなたが小さくまとまって生きることは、
まったく世の中のためにならない

周囲の人の居心地が悪くならないように

自分を縮こめて生きる人生には

真に望む変化はおこるはずもない

私たちは、内なる輝きを実現するために生まれてきた

私たちが自分の光を放つことで、
人も同じように輝く許可を与えることになる

私たちが自分自身への恐れから解放されるとき

その存在自体がおのずから周りの人を解放することになる

Marianne Williamson

この詩は、コーチのトレーニングを受けている時に出会いました。初めて聴いた時、心に響いて涙が溢れました。

私がクライアントに願っていることでもありますし、自分自身に願っていることでもあります。

人生において、悩んだり、迷ったり、葛藤したり、逃げ出したくなる時もあるかもしれません。それを味わうのは、人間としての成長において必要な体験です。

そんな時にふと思い出して、また歩き出すパワーとなったら嬉しいです。

あなたも、私も、内なる輝きを実現していきましょう。

関連記事

  1. 良くなろうとしないこと

  2. 独立して9年目に入りました

  3. 全体から見てみよう

  4. 目覚めて生きていく

  5. 「ひどい時には、自殺に動いてしまうことがあるのです。」

  6. 交渉力を磨く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)