恐怖心を乗り越える時

先日、浜松西倫理法人会さまにて、『未来の自分を思い出す』というテーマで講演させていただきました。

しあわせ社長 若林由香です。

倫理法人会 非会員にも関わらず ご依頼くださって、とても有り難いです。

講演では、自分の思い通りの結果に繋がらない原因を、クライアントさまの実例をもとに、脳科学や心理学的側面からお話ししました。

実はめちゃめちゃ緊張してまして、前日 ほとんど眠れませんでした。

これはなにかと言うと、『恐怖』や『不安』なんですね。(興奮状態でもありましたが、笑)

過去の似たような経験と、それに付随するネガティブな感情が、100%の自分でいられなくさせるのです。

恐怖心が強ければ強いほど、今まで避けてきた領域なわけですから、そこに飛び込めば今まで得られなかったものが得られるはずです。なにが得られるかは、やってみないと分かりませんけどね。

私はこれまで自主開催のセミナーは、いつも少人数制にしていました。お一人お一人に深く関わりたいという想いからでしたが、、、深層心理では、たくさんの人の前に立つことが怖かったのでしょう。今ならよく分かります。

幼いころ、目立って叱られて、怖かった。注目を浴びて、恥ずかしかった。だからこんな思いはもうしたくない!そんな心理が働いているわけです。

でも、依頼をいただいたということは、そこを乗り越えないといけない時が来たということです。

クライアントさまに大きな仕事が舞い込んで来た時、「自分にできることしかやってきませんよ!だから、大丈夫です!」といつもお伝えしていますが、今回は自分で自分にそう言い聞かせました。

赤ちゃんの頃、恐怖に感じることは、たったの2つしかないそうです。

それは、『大きな音』と『落ちる』恐怖です。ビクッ!!!としますもんね。

赤ちゃんの頃は、たった2つしかなかった恐怖心が、今ではどれだけあるのでしょう。

もちろん、自分の身を守るために必要な恐怖心もあります。

でも もし、その恐怖心が無かったら、なにがやりたくて、なににチャレンジして、どうなっているのでしょう。どんな未来が待っているのでしょう。

想像できることは、必ず成しえることができます。それが『未来の自分』なんですよね。自分はそれができると、既に知っているのです。運気を読み解くと、やはりそう記されていますしね。

5月末、6月末と、ご依頼いただいたセミナーが続きます。私もまだまだ恐怖心を乗り越えていかねばなりません。


筆文字の先生 あけちゃんも、聴きに来てくれました。素敵な書をプレゼントしてくださいました!

定期のクライアントさま、ジムのトレーナー、お友達、、、朝早いのに応援に駆けつけてくださって、本当にありがとうございました!!!


今回 ご依頼くださった、谷野会長と

◆豊かさが広がる体験 『100兆円お茶会』東京

2018年7月14日(土) 11:20~

【近日中に募集開始します!】
詳細・お申込みはこちらから

関連記事

  1. メタ認知を身につける

  2. 交渉力を磨く

  3. 10人会社を興したら、9人は失敗する厳しい世界

  4. 運命学の的中率の高さに驚きました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)