自分の特性を生きる


純粋で、子どもっぽくて、つい世話をやいてあげたくなるような人っていますよね。

算命学でいうと『天印(てんいん)星』の持ち主です。

『天印星』は赤ちゃんを表します。赤ちゃんのように生きることで、スムーズに生きられます。

こういう人が、世間で評価されるような、『しっかりした出来る人』になろうと努力し続けると、おかしなことになってきます。ご本人も苦しいし、周りも違和感を感じます。

でも社会的には、『しっかりした出来る人』になりなさいと教育されているから、ご本人もそれを目指して頑張るし、そうなれない自分を責め続けます。

『天印星』の人は、人に甘えて生きていくことで道が開けます。「無意識に人からお世話される」という才能の持ち主なのです。自分の好きなこと、やりたいことを、ただただ楽しくやっていましょうねという、ボーナスステージのような星です。

役に立ちたい人の、役に立たせてあげて、満面の笑みで「ありがとう!」と喜んで、なぜか憎めない 可愛らしい人なのです。たまに怒られることもあるかもしれませんが、それでいいのです。

間違った方向に努力をすると、どんどん苦しくなり、自分の特性・才能が死んでしまいます。

赤ちゃんは赤ちゃんらしく生きていくことで、才能が発揮されるのです。

関連記事

  1. なぜ173名セミナー講師のお仕事をいただけたのか

  2. いろいろやってはみているけど、なぜか満たされない

  3. イヤな人、嫌いな人

  4. 深い部分で満たされていく

  5. 成功するのが恐い

  6. 行動できない時

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)