マーケティングが秀逸

今日はABCクッキングスタジオのパンのレッスンに行って来ました。そもそも、パンのレッスンなんてものに、なんにも興味を持っていなかったのに、つい申し込んでしまいました。

ABCクッキングスタジオというところは、本当にマーケティングが秀逸で、よくできているなと感心してしまいます。仕事柄、パン作りよりも、そちらの仕組みが気になってしまいます。私が見ていて感じたことを書いてみます。

・レシピがとにかく美味しい
本社に「レシピ開発チーム」があり、そちらから各教室に流れて来るそうです。(今日、先生に質問して教えてもらいました。)

・紹介制の体験レッスン
紹介があると無料で体験レッスンが受けられます。友達と受けるので、当然 その場が楽しいのです。体験レッスン専門の講師がおり、レッスンの合間に入会プレゼンが入ります。紹介する側もされる側も、無料で美味しいパンやケーキなどを作れ、お土産に持ち帰れます。体験レッスンのメニューもどんどん更新され、期間限定メニューがあるので、次々と紹介をすれば、いろいろなレッスンが無料で受けられるわけです。

・期間限定のメニューが多い
今月のみ!のメニューが多く、チケット消費を促進させます。ディズニーのコラボメニューもあり、お子さんと一緒に通う方も多い感じです。通常レッスンとは別に500円レッスンがあり、その合間には他のコース、ライセンス、期間限定メニューのプレゼンが入ります。母の日やクリスマスなど、イベントに合わせたメニューもあるので、プレゼント用に作りたいニーズをフォローしています。

・時々プレゼント
通常レッスンを月に3回以上受けると、軽量カッププレゼント!のように、チケットの消費を促します。

・生徒が講師になっている
料理・パン・ケーキのコースがあり、それぞれが基礎・上級・ライセンスと回数を重ねて上がっていきます。ライセンスを取ると、自分で教室を開いたり、ABCクッキングスタジオの講師にもなれます。講師養成の費用は、会社ではなく自己で負担する図式が自然と成り立っています。

今日で、体験を含めて3回目のレッスンでしたが、通う度にマーケティングの秀逸さに感心させられています。

それだけブランディングがしっかりできているということですね。

商業施設の中にあったり、ガラス張りで中の様子が見えるようになっていたりと、他にもいろいろな工夫がされていそうです。

これからも通いながら、研究していきます。

写真は、今日 作った「くるみ クランベリー ホワイトチョコのライ麦パン」です。簡単で美味しかったです。

関連記事

  1. 差別化の罠

  2. 遅刻やリスケ、許せますか?

  3. 運命学から視る日本の流れ

  4. 「ひどい時には、自殺に動いてしまうことがあるのです。」

  5. 本当の思いと違う感じで生きてきた

  6. やり方は想定外のところから

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)