お金を支払うということ

どんなに素晴らしい情報であっても、5万円払って聞いた時と、無料で聞いた時と、どちらが真剣に活用するでしょうか?

言うまでもなく、5万円払って聞いた時だと思います。元を取ろう!と真剣に活用するし、その情報が貴重なもののように感じます。これは、人間のバイアスとして仕方がないのかもしれません。

友人関係からクライアントになった起業家の女性がいます。

彼女とは気が合い、時々 食事に行っては、お互いの日常のアレコレをおしゃべりするような仲でした。

会話の中でコーチングはしませんが、なにか悩みや困っていることを聞けば、私の分析を伝えたり、「こう考えてみたら?」とアドバイスしたりしていました。

彼女は私のことを一目おいてくれていたので、「由香さんのアドバイスを実践したら、ガラッと変わったよ!」とか「本当に由香さんの言った通りになったよ!」と報告してくれていました。

そんなある日、彼女はどうしても頭打ちを感じたらしく、、、かと言って、ご本人もかなり知識があるので、「由香さんしか頼める人がいないから」と、定期セッションを依頼してきました。私は彼女を友人として見ていたので、驚きましたが、引き受けることにしました。

ちょっと距離があるのに、「どうしても対面がいい!」ということで、しっかり料金を支払って、月に2回のセッションに通うようになりました。

すると、ものすごいスピードで、変容していったのです。

人間関係が改善されたり、大きな仕事が舞い込んで来たり、素敵な彼氏もできました!

「やっぱり ちゃんと定期セッションを受けると違うね!!」

心の痛いところに触れて涙を流したり、自分の本当の喜びや願いが明確になって感動したり、更なる可能性を確信して歓喜したりしながら、一歩一歩 確実に歩みを進めています。

これはなにが変わったんだろう?

一番は彼女の『覚悟』だと思うのです。お金をしっかり払って、自分に投資をして、変わることを受け入れる肚がくくれたのでしょう。だから、提案した行動も期日にきっちり実行し、活用ができているのだと感じます。

人間は本来、変わりたくない生き物です。「今のままじゃイヤ」「こうなりたい」と思っていても、今いる安全領域から出たくないのです。なにが厄介かというと、安全領域にとどまっていることすら、自分では気づけなかったりします。

本当に自分の可能性に向かって行きたいのなら、積極的なくらいじゃないと本質的な変化は見られません。

お金を支払うということは、覚悟を決めることでもあるし、自分にそれだけの価値がある証でもあるし、自分が新しいものを受け取るスペースを作る行為かもしれません。

そういう意味では、こちらも しっかりお金を受け取ることが、相手のためにもなるのだと感じました。

関連記事

  1. 自分の本性

  2. いろいろやってはみているけど、なぜか満たされない

  3. もう何年も泣いてなかったんです

  4. 頑張ることが やめられない

  5. 「こうなりたい」の落とし穴

  6. 自分の取扱い説明書

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)