講師は凄腕の営業マンだった!

昨日、友人を連れてABCクッキングスタジオの体験レッスンに行って来ました。先日 投稿した『マーケティングが秀逸』の記事の第二弾です!!

今回は、『講師は凄腕の営業マンだった!』で、感心させられたお話です。

新規の友人を連れていくと、無料で体験レッスンが受けられます。この体験レッスンのメニューも、入会後2ケ月以内と期限があるのです。「このロールケーキ、すっごく美味しかったよ!」と、先に入会している友人から聞き、今月中で期限が切れてしまうので、友人に急いで声をかけました。ここでもう、すぐに紹介したくなる仕組みができているわけです。

体験レッスン専門の講師がいらっしゃって、とにかく盛り上げ上手!すぐに下の名前で呼んで、打ち解けてきます。女子トーク状態で「わかるー!」なんて相槌を打って、すっかり友達状態です。

「今回の体験レッスンは生徒募集を目的としております。」と前提をしっかり提示されます。ここで受講する側も入会を勧められるという心構えができるわけです。

スタジオの成り立ちやコースの内容を説明していく中で、「もし通うとしたら、どこのスタジオに通いますか?」「もし通うとしたら、どのコースに興味がありますか?」と、『もし通うとしたら』というフレーズを何度も使って質問をしてきます。それと同時に、「クリスマスには、こんなホールケーキが作れちゃうんですよ!」「ご家族のお誕生日に、お料理とパンとデザートまで、フルコースで作れちゃうんです!」と、自分がレッスンに通った未来の姿をイメージさせてきます。

私はしっかりクロージングされて入会したわけですが、今回はターゲットが友人なので、隣で冷静に聴いていて、「先生は凄腕の営業マンだ!」と感心させられました。思わず、「先生って、プレゼンやクロージングの教育受けてるんですか?」と質問してしまいました。やりづらい生徒ですね笑。「上司から指導されています。」と教えてくれました。

他にも、『キユーピーごまドレッシングを使ったメニュー・ドレッシングプレゼント付き』や『桃屋 きざみ生姜を使ったメニュー』や『ウイスキーと合うディナーメニュー・ウイスキー試飲・一本お持ち帰り』なんていうレッスンもあったりして、いろいろな食品メーカーとタイアップしてるんだなと思いました。

とにかく企業努力が素晴らしく、通うたびに感心させられます。

写真は作った『純白のロールケーキ』です。ふわふわの生地に、ラズベリーのシロップとクリームチーズを使ったクリームを巻いた、甘酸っぱい美味しいケーキでした。

関連記事

  1. 収入が伸び悩んでいた本当の原因は

  2. 【ご報告】国際ライセンス取得いたしました。

  3. 「こうなりたい」の落とし穴

  4. やりましたよ!!

  5. できない理由を語る時

  6. 『比較』は苦しみを生む

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)