天中殺にスタートしたものは

天中殺にスタートしたものは、続きません。天中殺に始めた新規事業、かなりの確率で途中で頓挫しています。

ですが、なぜか、天中殺の時って、新しいことをやりたくなるんです。

それは、焦りや不安からが多いです。いつも全力で頑張っていないといけないんじゃないか。成長し続けないといけないんじゃないか。挑戦し続けないといけないんじゃないか。これは無自覚の強迫観念です。

今の自分を否定して、何者かにならないといけない。これをやり続けた先に待っているのは、乖離した自分と、まだまだ もっともっと、蟻地獄のように自分を追い立てるループの世界です。

なにかを始めて、頓挫する。もちろんこれも貴重な経験です。自分がなにかに気づくため、必要があって起きていることですから。

個人的なミニマムな形でこれを経験するなら、傷は大きくないかもしれません。

でも、経営者がこれをやると、影響が大きいだけに、多くの時間や資金、労力が無駄になってしまいます。心身だけでなく、物理的にも大きな傷が残ります。

自然界は、冬眠したり、冬毛になったり、場所を変えたりと、自然と過ごし方を変えています。現代人は、無自覚の強迫観念に囚われて、立ち止まれない人が多いです。社会的にもそのように刷り込まれていますから、仕方ありません。

立ち止まるべき時期を、事前に分かっていたらどうでしょう。それが天中殺なんです。合理的に、有効に、エネルギーを使って欲しい。そんな思いから、クライアントにお伝えして、それに沿って行動をしていただいています。

天中殺は12年に2年、12ヵ月に2月、12日に2日やってきます。

優れた経営者は、ノウハウなどの知識は既にお持ちです。天中殺の活用という戦略(戦いを略す)を身につけ、エネルギーの有効活用、自分も周りの方も大切にしていただきたいです。

万が一、天中殺になにかを始めてしまっても、リカバリーする方法はあります。それは、またの機会にでも。

関連記事

  1. それを知った上で どうするか?

  2. 人生がガラッと変わる

  3. 運命学から視る日本の流れ

  4. 好機日に開催することに意義がある

  5. 天中殺だからこそ得られるもの

  6. 『恩送り』をはじめます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)