体調不良の原因

怒りや不安、ネガティブな感情はなるべく感じたくないという方が多いです。

なにかで気分転換したり、ストレスを発散したりして、一時的にごまかすことはできても、根本的な改善には繋がりにくいです。

ネガティブな感情は自分の内側からの大切なサインです。なかったことにするのではなく、ありのまま感じて深めていくことで、どうすればよいのかも見えてきます。

鎧を着けていないといけない。奥さんは敵だ。母親に腹が立つ。交渉は戦いだ。ビジネスパートナーに心を開けない。こんなふうに話してくださっていたクライアント、定期セッションを始めて3ヶ月が経ち、大きな変化を感じていらっしゃいます。

ご感想をいただきました。

………………

若林さんと話していて、最初はどんなことを話してくれるのか、不安と期待が混ざったような感じでした。

基本、出会う人はマイナスになる人なんていないと思っていましたが、自分はこんな人なんだと聞いた いろいろな人の中で、一番腑に落ちました。

すぐに実践していくと、気持ちが軽くなり、多くの考えに整理がつきました。

昨年から体調不良だったのも、自分の精神面から来ていたことに改めて気づかされました。

大きな愛に包まれるように生きていきたいと思っていましたが、若林さんから『やり方』ではなく『在り方』を学んだことで、より自然に方向修正できるようになりました。それによって起こる周囲の変化を楽しみながら、日常生活を送ることができています。本当にありがとうございました。

…………………

ストレスを見ないようにしたり発散したりするのではなく、根本原因を探っていくことで、考え方や認知、そして行動が急速に変化していきました。

今ではご家族、ビジネスパートナーともに人間関係は良好になり、鎧を脱ぎ捨てて自然体で振る舞えるようになったそうです。出会う人、出会う人に、「なんでそんなに楽しそうなんですか?」「なんでそんなに魅力的なんですか?」と聞かれるとのこと。クライアントを中心に、素敵な出会いや仲間がどんどん増えていっています。

現在 来年の新規事業に向けて、準備を進めているところ。運気も絶好調。これから益々楽しみです。

定期セッションをご検討の経営者さん、30分無料面談 承ります。

関連記事

  1. 『ラクに簡単に』に飛びつきたくなったら

  2. 成功は運によるものが大きい

  3. 「もう何年も別居しているんです」

  4. お金と自分を同一視しない

  5. 運命学から視る日本の流れ

  6. 自分の本性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)