お金と自分を同一視しない

仕事をする目的を『お金』にするのは、もちろん悪いことではないですけど、『お金』だけを目的にすると、大切なものが見えなくなってしまうような気がします。

『お金』というのは、いろいろな思考や感情を投影しやすいものです。

お金の量が、自分の評価や能力のように感じてしまう。

お金の量が、安心の量になる。

お金の量で、お付き合いする人や、接し方が変わってしまう。

お金の量で、なにを選択するのか、自分の人生において大切な決断をしてしまう。

お金によって、自信が持てたり、傲慢になったり、人を見下したり、高揚したり、優越感に浸ったりする。

お金の量で、自分の心の状態がアップダウンしたり、幸福度が変わってしまう。

そうなると、自分の人生がお金に振り回され続けることになってしまいます。お金に縛られながら、生きていくことになります。

これはちょっと窮屈だし、味気ない生き方ではないでしょうか。

そうならないためには、『お金』と『自分』を同一視しないことがポイントです。

お金は道具です。道具は上手に使いこなしてこそ、より良いものを生み出します。道具に使われたり、道具に悩まされたり、道具に縛られたり、道具に振り回されるような人生にはしたくないですよね。

定期セッションでは、お金に対する思い込みや拒絶しているものを、丁寧に向き合っていきます。

『お金』との心の距離感をうまくとって、道具として上手に使っていきましょう。

関連記事

  1. やりましたよ!!

  2. なぜ173名セミナー講師のお仕事をいただけたのか

  3. ある経営者さんから嫌味を言われました。

  4. 天中殺だから欲出しちゃダメだよ

  5. 頑張ることが やめられない

  6. マーケティングが秀逸

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)